ドクターズガイド

話題のキーワード

だいたひかる乳がんで右乳房全摘

女性自身によると、お笑い芸人:だいたひかるさん(41歳)が、乳がんで右乳房を全摘していたとのこと。だいたひかるさんと言えば「どうでもいいですよ」の言葉が頭に浮かぶが、最近テレビにあまり出ていない印象がある。だいたさんは3年前38歳の時、アートディレクター小泉貴之さん(39歳)と再婚、仕事をセーブしていたと言う。

今年になって、乳がん検診でしこりが見つかり、検査の結果は乳がんステージIIa。ステージとは乳がんの進行を表し、大きくI・II・III・IVの4期に分けられる。IIaとは、しこりの大きさが2センチ以下でわきの下のリンパ節への転移があるか、しこりの大きさが2~5センチでわきの下のリンパ節への転移がない場合を示す。だいたさんは、リンパ節の転移は分からずリスクを最小限に抑えるために全摘出を希望。しかし、術後の結果は、夫の小泉さんによると、リンパ節の転移がありステージIIb(しこりの大きさ2~5センチでわきの下のリンパ節への転移あり)で、わきの下も切除し腫瘍の周辺の組織も一緒に取り出したとのこと。結構大手術だったと言う。10月まで抗がん剤治療を行い、現在はホルモン治療を行っている。再発や転移が心配されるが夫婦で乗り越えていきたいとコメントしていた。


(2016.12.20.)



これまでの記事→