ドクターズガイド

1/2

汗がたまって「あせも」に、汗の刺激で「汗かぶれ」に

夏になると、あせもや汗かぶれでチクチク痛む事やかゆみで悩まされる人も多いのではないでしょうか? 1年を通して季節に合った保湿をすることで、汗のトラブルを予防できるという。今回は汗のトラブルについて、多摩ガーデンクリニック院長の武藤美香医師にお聞きした。

――汗はどんな役割をしているのでしょうか?

汗は暑いときや運動したときなど、からだの体温調節のためにかきます。その他、緊張したとき、興奮したとき、辛い物を食べたときなどにも汗がでてきます。汗は皮膚にある汗腺という器官からでており、汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があり、それぞれ汗の性質や汗をだす仕組みが違います。

エクリン腺は、からだ全身のほとんどに分布しており、主にからだの体温調節のために汗をだす汗腺です。無色、無味、無臭です。一方、アポクリン腺とは、からだの一部分(わきの下、乳首、下腹など)にあり、特にわきの下に多く分布しています。白く濁っていて脂質やタンパク質などニオイのもととなる成分を多く含んでいます。もともとはフェロモンの役割をはたしていたともいわれています。わきの下は特殊で、エクリン腺とアポクリン腺が共存しており、温熱性発汗と精神性発汗の両方が起こる場所でもあります。

――汗による皮膚のトラブルにはどのようなものがありますか。

たくさん汗をかいた後、そのまま放置すると現れる皮膚の湿疹や水ぶくれで、汗を分泌する汗腺の多い額や頭、首周り、足の付け根、ひざの裏側、ひじの内側、背中などの汗をかいても汗が蒸発しにくい部分にできやすいです。主に、あせも・汗かぶれなどがあります。

あせも(汗疹:かんしん)の特徴は、赤いブツブツやかゆみで、汗腺の未発達な幼児に多いのですが、アトピー性皮膚炎の人は皮膚のバリア機能が乱れているのであせもができやすいです。

汗かぶれは、角層のバリアが壊れていると皮膚の表面にでた汗が、逆戻りして汗の成分の刺激で皮膚炎を起します。あせもとは異なり、でた汗が全体にしみて、かゆみや赤みは面で広く起こるのが特徴です。子供~大人まで皮膚が弱っている人は起こりやすいです。


――予防について教えてください。

年間を通して季節に合った適度な保湿を行うことで皮膚の健康を保つことができます。

汗をかかないようにするのではなく、正常な発汗機能は保ち、でた汗を放置しないことです。汗をかいたら早めに入浴しましょう。シャワーでもよいのですが、 ぬるめの湯船につかるのがベスト(夏は37度、冬は40度が目安)です。シャワーが無理な場合は、濡れタオルなどで優しく拭きとりましょう。エアコンの温度はあまり低くせず適温を保つことも大切です。

――あせもや汗かぶれになったら、どうすればいいでしょうか?

かゆいからと言って叩いたり、つねったり、熱いシャワーを浴びたりしてはいけません。一時的にかゆみはおさまりますが、その後、炎症がひどくなるケースが多いからです。冷やすといいのですが、皮膚の保湿因子が流れてしまうので流水で冷やすのはおすすめしません。保冷剤を薄手のハンカチなどにくるんで冷やすとよいでしょう。

続きを読む →



発汗障害(医師、医療機関、関連サイト、口コミ) ⇒