ドクターズガイド

ヒートショック 冬の入浴は危険がいっぱい

冬も本番、朝晩冷え込む季節です。休暇中の温泉旅行や、里帰りしてのお風呂を楽しむこともあるでしょう。しかし中高年にとっては、日本の冬場の入浴・トイレは危険がいっぱいです。楽しい時期に健康を損ねたり、お風呂が死の危険につながることのないように、注意事項を思い出しておいてください。

■ヒートショックとは

「ヒートショック」という言葉は、医学の用語としてはあまり使われず、ほとんどが一般的な用語として使われます。、まわりの温度が急激に変化することで血管が急な収縮・拡張をし、それにともなって血圧の急な上昇・下降が発生、この刺激で流れ出た血栓が血管を詰まらせて、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞を起こすという、急性の循環器障害です。

ヒートショックをきっかけとする死亡者数は、年間で1万人以上、交通事故死のほぼ倍にものぼり、なかでも高齢者に関しては、家庭内での死亡原因の4分の1を占めているといわれています。

■日本特有の要因

日本は、住宅事情や習慣的にも大きな温度差にさらされる機会が多く、ヒートショックの危険もより多いと考えられます。

環境

日本では、浴室とトイレでの発症が問題視されています。伝統的に浴室やトイレは家の北側に位置することが多く、常に暖房することも少ないため、家のなかでも気温の低い場所となりがちです。
起床後、血圧の低い状態で気温の低いトイレに入ると、血管の収縮が起こって急激に血圧があがります。この際、血管内の一定の場所にとどまっていた血の塊などが流れ出して心臓や脳の細い血管を詰まらせ、梗塞を起こす例があるのです。

そして入浴にはより多くの危険が潜んでいます。
入浴の際、まず寒い脱衣所では血管が収縮、血圧が上がります。そして次に熱い湯に入ると一気に血管が拡がり、今度は急激に血圧が下がります。先の事例のように、血流の急激な変化が血栓を誘発する可能性はもちろんですが、この場合は眠気や失神といった症状がおこり、これによる意識喪失が原因での溺死といった事故の例もあります。お年寄りに一番風呂がよくないといわれているのは、最初に浴室を使うときは脱衣所も浴室もまだ暖まっていないので、より危険でもあるためなのです。

健康状態・習慣

普段から動脈硬化を起こして血管壁に傷がつき、かさぶたができた状態だと、これが血栓となるためにいっそう可能性も高くなります。
また日本人の入浴は、熱めの湯に首まで浸かるという傾向がありますが、これは温度による血圧の急激な変化に加えて、水圧によって心臓や肺が圧迫されたり、手足の血液が心臓に向かい、それをくみ出すためにいっそう心臓が働くといった、大きな負担がかかることになります。不整脈のような持病を持っていた場合、危険もいっそう大きくなるわけです。

そして入浴のタイミングも問題です。一般的に多いのは、食事のあとの入浴ですが、食事中に飲酒した場合、血圧が下がり、入浴に際しての血圧の変化の幅を大きくしてしまうのです。

■対策

総合すると、上昇にしろ低下にしろ、とにかく「血圧」の「急激な変動」を避ける対策が必要ということになります。

入浴前後にコップ1杯の水分をとる

入浴は発汗を促進して体内の水分を減らし、血液の粘性を高めます。血管内の液体がドロドロしていればそれだけ血管壁への圧力すなわち「血圧」も高くなります。できるだけ血液をサラサラした状態で保つために、事前に水分を補給しておきましょう。「血液を適度な硬さに薄めておく」といった感覚でしょうか。

飲酒後1時間は入浴しない

アルコールは体内で酸化されてアセトアルデヒドを生成し、これが血管を拡張して血圧を下げます。この状態で入浴のために寒い脱衣所や浴室に入れば、今度は急激な血管収縮で血圧が上がります。事前の血圧が低ければその変化の度合いも大きくなり、ヒートショックの可能性がいっそう大きくなるのです。
アルコールを摂取したあとは、最低でも1時間は入浴を避けましょう。

かかり湯とぬるめの半身浴

浴槽に入る前に、心臓から遠い手足のあたりから始めて全身にお湯をかけて、まずは少し体を温めます。その後もすぐに浴槽に入るのでなく、体を洗ってからというのもよいでしょう。また浴槽内では熱い湯に首まで湯に浸るのを避けて、少しぬるいかなと感じるくらいの温度で、心臓あたりまでは湯の外に出しておく半身浴のような浸かり方が安全です。上半身が冷えてしまうという場合は乾いたタオルを肩にかけるとよいでしょう。

急に立ち上がらない

入浴時に限りませんが、急に立ち上がると血流が下に引っ張られるかたちになり、一時的に上半身の血流が不足して血圧が急激に下がります。いわゆる「立ちくらみ」です。くらくらする程度で済めばよいのですが、症状が激しかった場合、失神、転倒、水死といった事態にまで発展しかねません。湯船から出るときもゆっくりと立ち上がってください。

浴室まわりを温める

入浴の前に、脱衣所や浴室を温めておけば、ヒートショックの危険はかなり軽減されます。浴室暖房が整備されていれば言うことなしですが、そうでなくても最近は、浴室やトイレで使用するように作られた小さい暖房器具も市販されていますので、積極的に利用したいものです。

■お正月は要注意!

これまでの注意をみて特別なこととは思われない方もいるでしょう。しかし、お正月はいつもよりずっと危険が増しているはずです。普段よりも寒い土地で、お酒を飲んでいる時間がいつもより格段に増え、いつもとは違う、慣れない浴室で寒い思いをしたことはないでしょうか。
ごく普通のいくつかの注意が、あなたの命を守ることになります。気をつけておくにこしたことはありません。

(2013.12.27.)

 


狭心症・心筋梗塞の関連情報(医師、医療機関、関連サイト、口コミ) ⇒

高血圧の関連情報(医師、医療機関、関連サイト、口コミ) ⇒