ドクターズガイド

すごい梅干しのパワー(さまざまな健康効果)NO2

■梅酒やエキスも活用

NO1でもご紹介したように、梅干しにはさまざまな健康効果が期待できますが、塩分の摂り過ぎが心配という人も多いと思います。最近は、塩分が少ない梅干しが主流となっていますが、梅干しそのものに高血圧予防効果があるので、食べ過ぎなければあまり気にする必要はありません。どうしても気になる人には減塩の梅干しなどをお勧めいたします。また、梅酒や梅エキスなどにも多くの健康成分が含まれているので、積極的に活用してみましょう。

梅干のこんな使い方

  • 二日酔いで胃がむかむかしている時に、梅干し1個を入れたホットドリンクを飲む。
  • 口臭が気になる時に、梅干し1個を入れたホットドリンクを飲む。
  • 頭痛やめまい症状がある時に、こめかみに梅肉を貼る。
  • 肩こりがひどい時、梅干しを直接患部に貼る。
  • 痛歯、痛い歯のほっぺ側に梅肉を貼る。
  • 歯の痛い部分に黒く焼いた梅肉を直接つめる。
  • 水虫、いんきんたむしなど(皮膚病)に梅肉エキスを10倍ぐらいに薄めたものを1日に数回患部に塗る。
  • 絆創膏で梅肉をうおのめに貼って患部がやわらかくなってくると取れる。
  • とげが刺さってなかなか抜けない時に、梅肉を貼り半日そのままにしておくと、自然にういてくる。
  • 乗物酔いが心配な人は、旅行に行く10日前ぐらいから梅肉エキスを飲み当日は梅干しを食べるようにする。
  • 鉄分の不足からくる貧血の人、毎朝1つ梅干を食べる。

まとめ

  • 血液を弱アルカリ性に保つ ⇒ 血液がサラサラに
  • 食欲不振や下痢など ⇒ 腎臓、肝臓の働きを助け器官が正常に、健康な体を維持する
  • 美容効果をもたらし老化防止につながる
  • 強力な抗菌力 ⇒ 整腸作用・殺菌作用、消炎などの整腸機能
  • 解毒作用 ⇒ 乗り物酔い、二日酔い、食中毒を解消
  • 食欲増進や疲労回復の効果
  • 血糖値を下げる効果 ⇒ 糖尿病や高脂血症の予防効果
  • 高脂血症予防 ⇒ 中性脂肪やコレステロールも下げる効果
  • 胃ガンの予防 ⇒ 胃ガンの原因となるピロリ菌を抑制
  • 唾液への効果 ⇒ 口臭や歯痛
  • 紫外線から血管を守る果 ⇒ UVB波照射に対して、光免疫抑制作用に対する改善効果があるらしい
  • 老廃物を体外へ排泄する働き ⇒ 便秘解消効果

■梅干しの選び方

梅干しは、酸っぱいほうがクエン酸効果は高いのですが、商品によってクエン酸量も様々です。梅干しは大きく分けて2種類あり、塩だけで漬けた梅干しとその他、調味料入りの調味梅干しがあります。塩だけで漬けた梅干しはクエン酸量が多くて酸っぱく、塩分が少し多めで食べ過ぎには要注意です。最近は、塩だけで漬けた梅干しは少なく、塩だけ使った白干し梅は塩分が20%、シソ漬けは18%、調味梅干しは10%と高いので、塩分の摂りすぎに注意しましょう。目安はパッケージの品名と原材料名に注目しましょう。

(2014/12/19)

←前ページへ



胃潰瘍・十二指腸潰瘍の関連情報⇒

胃がんの関連情報⇒