ドクターズガイド

からだ相談Q&A

Q.

性別:女性、年齢:54歳

もともと便秘でセンナを常用していました。4年前子宮全摘出手術をしてから下痢の時の痛みの部位が変わり歩けないほど下腹部に痛みが集中します。下剤の種類を非刺激性に変えたのですがなかなか出が悪く2~3ヶ月に一度はひどい腹痛になります。手術によって腸の位置とか変わるのでしょうか?

A.

もともとの便秘の状況はわかりませんが、センナを常用していたということは便が通りにくい大腸だったのかもしれません。子宮全摘手術をすると大腸の後半部分のS状結腸が癒着してさらに通りにくくなります。

センナ等の刺激性下剤で大腸を無理やり動かすと癒着した腸に便が引っかかり通りにくいことで、ひどい腹痛が出る方もすくなくありません。マグネシウム製剤などで便を軟らかくして、下腹部を揺らすなどのマッサージをすると通りやすくなって痛みが良くなることも多いです。腹痛を伴なう便秘、便秘型IBSの症状ですが、現在リナクロチドという大腸から水分を出し、痛みを軽減させる薬があります。

また、手術の後の腸の癒着で腸閉塞になってしまう方もいます。主治医の先生とよく相談してください。


(2018.06.18)

回答:水上 健医師(医師情報 ⇒)

これまでの質問【便秘】一覧 ⇒

からだ相談Q&Aトップ ⇒

 


質問はこちらから ⇒

便秘の関連情報一覧 ⇒