ドクターズガイド

深谷孝夫 医師 (ふかやたかお)

深谷孝夫 (ふかやたかお) 医師

東北薬科大学病院(宮城県)
産科婦人科
顧問

専門

子宮内膜症・子宮筋腫、生殖内分泌、婦人科内視鏡手術

医師の紹介

深谷孝夫医師は日本産科婦人科学会理事や日本産科婦人科内視鏡学会副理事長を務める女性疾患の専門医。外来では初診を担当し、患者の病状を迅速かつ的確に把握。最先端の治療法に関する豊富な知識を活かし、個々の治療の特性や効果を十分に考慮したうえで、各患者にとって最適な治療法を決めていく。子宮内膜症に対してはホルモン療法を中心とした薬物療法から始め、手術の場合には原則、患者に負担の少ない腹腔鏡下手術を選択。子宮筋腫に対しては、腹腔鏡・子宮鏡下手術のほか、一部集束超音波療法も導入している。

診療内容

子宮内膜症は、子宮内膜が子宮以外に生着して増殖し、出血を繰り返す病気。近年罹患率が増加している女性のQOLに大きな影響を与える疾患で、多くの患者が辛い症状に悩んでいる。子宮内膜症の症状は、月経困難症のほか、進行すると組織同士が癒着し、慢性的な下腹部痛や腰痛、排便痛や性交痛といった深部の痛みが生じる。また、不妊症に悩む約30%が子宮内膜症であり、子宮内膜症患者の約50%が不妊症というデータもあるなど、不妊との関係も深い。子宮内膜症の原因はまだ十分には解明されていないが、免疫系の弱さや遺伝的要因が考えられている。診断には、必要に応じて、基礎体温測定、ホルモン検査、超音波検査、子宮卵管造影検査、精液検査、MRI検査、CT検査などを行う。

治療は、患者の状況や妊娠希望の有無などに応じて、薬物療法か手術療法を行う。薬物療法としては、鎮痛剤や漢方薬による疼痛の制御、GnRHアゴニストやダナゾールなどを使って卵巣機能を一時的に制御し、エストロゲン分泌を抑えるホルモン療法などがある。薬物療法には「一長一短があり、しかも疼痛が完全にコントロールされる訳ではない」と語る深谷医師。制約がある中で、それぞれの薬の特性と効果を考慮し、各患者に合った治療法を選んでいる。
子宮内膜症の痛みを根治するためには、手術しか方法がない。手術の際には腹腔鏡下手術を積極的に採用し、患者に負担の少ない形で病巣を焼灼、癒着剥離、切除している。内視鏡下手術の1つである腹腔鏡下手術は、テレビモニターで腹腔内を観察しながら鉗子により行う手術。下腹部に5~12mmの切開を3~4箇所につくり、腹腔内を観察しやすくするため二酸化炭素ガスを腹腔内に注入して行う。最近では、臍に1箇所の切開創で腹腔鏡手術を行う方法(単孔式腹腔鏡)も行っている。開腹手術に比べて術後の痛みが少なく回復も早いため、入院日数が少なくてすむ。また、傷が目立たず、術後の腹腔内癒着がおきにくいというメリットもある。同科では、手術翌日朝から離床を始める早期離床をすすめており、血栓塞栓症や術後腸閉塞などの術後合併症を減少させている。退院は、腹腔鏡下手術では術後5日前後、腹腔鏡補助下腟式子宮全摘術では術後7日前後。
初期の子宮内膜症では腹腔鏡下手術で病巣を除去・焼却すると、術後の妊娠率が改善するという。この場合、生殖機能を温存させなくてはならないため、卵巣機能を制御せずに病巣のみを除去する技術が必要だ。また、子宮内膜症性不妊に関しては、生殖補助医療(ART)を積極的に導入している。
良性の腫瘍である子宮筋腫は、その大きさや発生部位によって、過多月経、月経困難症、不妊症など様々な症状を引き起こす。治療は薬物療法のほか、子宮内腔に突出している子宮筋腫に対しては子宮鏡下手術を行い、電気メスで筋腫を切除する。大きい筋腫など子宮穿孔のリスクが高い症例では、腹腔鏡手術を併用することもある。また、国内の大学附属病院として最初に集束超音波療法を導入するなど、女性のQOL向上を目指して最先端の治療法も積極的に取り入れている。

診療を受けるには

深谷医師の診察日は、月曜・水曜・木曜・金曜

医師のプロフィール

経歴
1976年5月 米沢市立病院産婦人科医員
1977年10月 東北大学医学部附属病院産婦人科医員
1980年9月 同 助手
1983年2月 Virginia Polytechnic Institute and State University Post doctal research fellow(USA)
1984年9月 由利組合総合病院産婦人科科長
1986年9月 東北大学医学部附属病院産婦人科助手
1988年6月 東北大学医学部附属病院周産母子センター講師
1994年11月 東北大学医学部附属病院産婦人科助教授
1999年 3月 高知医科大学産婦人科教授
2003年 10月 高知大学医学部生体機能・感染制御学講座 生殖・加齢病態学教室教授
2006年 4月 高知大学医学部医学科産科婦人科学講座教授
2008年 4月 高知大学教育研究部医療学系医学部門 産科婦人科学講座教授
2014年 東北薬科大学病院産婦人科顧問
現在に至る
所属学会・認定・資格

日本産科婦人科学会理事・専門医、日本生殖医学会監事・生殖医療指導医、日本内視鏡外科学会評議員・技術認定医、日本産科婦人科内視鏡学会副理事長・技術認定医、日本更年期医学会評議員・認定医、日本エンドメトリオーシス学会理事、日本生殖内分泌学会評議員、日本受精着床学会評議員、日本母性衛生学会評議員、日本内分泌学会代議員