ドクターズガイド

松島博之 医師 (まつしまひろゆき)

松島博之 (まつしまひろゆき) 医師

獨協医科大学病院(栃木県)1病院のクチコミ
眼科
准教授

専門

白内障

医師の紹介

白内障と後発白内障、白内障難症例の手術において高い評価を得ている松島博之医師。白内障手術と眼内レンズの最新情報を取り入れ、患者に合った術式および眼内レンズを選択、治療している。通常の白内障手術では患者の不安に対応し、痛みやストレスの少ない手術を心がけている。進行した白内障、過去の目のけがや緑内障・網膜疾患、アトピー皮膚炎など他の病気も合併しているなど、手術困難な症例は、まず目の状態を把握するために詳細に検査を行い、術中に合併症の処置をしながら、通常の白内障手術よりも時間をかけて確実に丁寧にゆっくり手術を行っているという。

診療内容

「眼科は白内障の他、妹尾教授千葉准教授(角膜疾患・屈折矯正手術)、須田講師(黄斑疾患)、高橋講師(網膜硝子体疾患)、鈴木講師(ぶどう膜炎)も診療にあたり、ほとんどすべての眼科疾患に対応可能です」(松島医師)
学会、研究活動も盛んで、地方でありながら最新の医療技術を取り入れている。医局員全員で切磋琢磨しながら、地域医療に貢献しつつ、毎年たくさんの臨床、研究成果をあげているという。
眼内レンズの選択にあたっては「乱視の強い症例には乱視矯正眼内レンズ、色を重視する美術・技術関連の仕事をしている症例には着色眼内レンズ、老眼も治したい症例には多焦点眼内レンズ(先進医療)など、患者さんと話をしながら適した眼内レンズを選ぶ」というように、患者のライフスタイルまで思いやり、細やかな配慮をしている。

診療を受けるには

松島医師の外来は月曜・水曜の午前。午前の外来は8:30~受付を開始し9:00より診察。基本的に予約診療のみ。(救急疾患の患者は順次受け付ける)紹介患者が多く、ひとりの患者に時間をかけて診察するため、長い場合は待ち時間は1~3時間になる場合がある。「時間に余裕を持って来院して下さい」とのこと。

累積症例数または患者数

白内障手術約9,000例

年間症例数

白内障手術約1,000例、網膜硝子体手術約100例

医師のプロフィール

経歴
1991年 獨協医科大学医学部卒業同大学病院眼科学教室臨床研修医
1993年 獨協医科大学眼科学教室助手、熊谷総合病院勤務
1995年 ワシントン州立大学分子生物学教室留学
1997年 獨協医科大学眼科学教室助手 
2003年 獨協医科大学眼科学教室講師 
2006年 獨協医科大学眼科学教室准教授
現在に至る
所属学会・認定・資格

日本眼科学会専門医、日本白内障学会理事、日本眼科手術学会理事、日本眼科手術学会プログラム委員、日本眼科学会プログラム委員、水晶体研究会世話人、日本眼科生体材料研究会世話人、日本白内障学会誌編集委員長、IOL&RS誌編集委員、日本眼科手術学会誌編集委員、米国白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)、欧州白内障屈折矯正手術学会(ESCRS)

主な著書(編集・共著含む)

『低侵襲手術』(2012年MEDICAL VIEW) amazonでみる ⇒
『眼科手術のトラブルシューティング』(2012年 MEDICAL VIEW) amazonでみる ⇒
『眼手術学 白内障』(2012年 文光堂) amazonでみる ⇒
『イラスト眼科手術シリーズ 白内障』(2012年 金原出版株式会社) amazonでみる ⇒
『眼科診療クオリファイ 眼内レンズの使い方』(2014年 中山書店) amazonでみる ⇒
『白内障手術の傾向と対策 術中術後合併症と難治症例』(2004年 医学書院) amazonでみる ⇒
『眼内レンズを科学する』(2006年メディカル葵出版) amazonでみる⇒
『超音波白内障手術 基本操作から難症例へのチャレンジ』(2009年メディカルビュー出版)amazonでみる⇒
『白内障術中トラブルリカバリーの基本』(2009年 中山書店)amazonでみる⇒
『新しい時代の白内障手術』(2010年 医学書院)amazonでみる⇒
『眼のサイエンス 眼疾患の謎』(2010年 文光堂)amazonでみる⇒
他多数

受賞
白内障学会学術奨励賞(2002年)
ESCRS Video Competition, Third Prize for Educational Value(2008年)
ASCRS Film Festival, First Prize for Cataract Complications(2010年)
ESCRS Video Competition, First Prize for Scientific(2010年)
ASCRS Film Festival, First Prize for Cataract Complications(2012年)
ESCRS Film Festival, First Prize for Scientific(2012年)
ASCRS Film Festival, Best of the Best for Cataract Complications(2014年)

予防に心がけたいこと

白内障の発症にも生活習慣が関与する。適度な運動と健康な食生活は白内障の予防につながる。紫外線は白内障進行の要因となるので、日中外出時は帽子、サングラスを着用する。喫煙は白内障を進行させる。適量のお酒は白内障の発生を抑制する。糖尿病、高血圧などの全身疾患も白内障の間接的な要因となるので、定期的な健康診断も大切である。

費用のめやす

通常の白内障手術は1割負担で片目約15,000円、3割負担で45,000円。これに入院の部屋代が日割りで加算される。多焦点眼内レンズを用いた手術は先進医療となり、片目約350,000円。
最新のオーダーメード乱視矯正トーリック多焦点IOLは自由診療で片目約550,000円。