ドクターズガイド

戸邉一之 医師 (とべかずゆき)

戸邉一之 (とべかずゆき) 医師

富山大学附属病院(富山県)3病院のクチコミ
代謝・内分泌内科
診療科長、教授

専門

糖尿病、内分泌

医師の紹介

戸邉一之医師は、糖尿病、メタボリックシンドロームを中心に、脂質異常症などの代謝疾患や、下垂体疾患・甲状腺疾患などの内分泌疾患全般の診療に携わっている。メタボ型、肥満型、非肥満型など2型糖尿病にも様々な病態があるが、2型糖尿病の病態に応じた治療を目指している。研究者として、糖尿病糖尿病・メタボリックシンドロームの根本的な治療薬の開発に努める。患者の体質に応じた糖尿病の原因遺伝子に基づくオーダーメード医療の開発も手がけている。また、センサーを上腕に挿入しておくだけで採血せずに瞬間瞬間の血糖値がわかるフラッシュ血糖モニタリングも行い患者さんの血糖コントロールに役立てている。

診療内容

糖尿病診療に対しては、まず病歴、血液・尿検査より成因・病態を十分把握したうえで、食事・運動療法や薬物療法、場合によっては強化インスリン療法などにより、厳格な血糖コントロールを目指す。同科では、各患者の病態に応じて最良の治療方法を選択している。また、外来では血糖値のコントロールばかりでなく、体重・高血圧・高脂血症も管理し、血管合併症の進行を阻止して、健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持や健康寿命の確保のために、総合的かつ包括的な治療を行う。
糖尿病の患者の血糖値のコントロールに際し“インスリン投与が必要なのか、それとも食事療法・運動療法をしっかり行えば経口薬でコントロールできるか”を見分ける、科学的な指標Cペプチドインデックス(CPI)を用いて治療法を選択する。
定期的な眼科検診などにより、糖尿病の合併症(網膜症、腎症、神経障害、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、足壊疽など)の早期発見と治療を実施。すでに合併症が出現している患者に対する治療は、他の専門家と連携して進行を阻止し、生活の質が維持できるようにする。また、患者の食事や運動療法などの自己管理を支援するため、管理栄養士による栄養指導や糖尿病療養指導士による療養指導、糖尿病教室、必要に応じて1~2週間の教育入院も行う。
糖尿病教室は、週1回、糖尿病の病態・合併症や治療(食事・運動療法、薬物療法)について、医師、薬剤師、栄養士、検査技師が講義するもので、4週間で1クールを終了する。教育入院は、1~2週間の入院で食事療法を体験するとともに、プログラムに添って医師、糖尿病療養指導士、看護師、薬剤師、栄養士、検査技師が糖尿病療養に必要な知識を講義し、それを実践してもらう。また、生活習慣の是正と血糖コントロールの改善、合併症の進展防止を目指した指導も実施している。

診療を受けるには

初診対応の医師の後に戸邉医師の診療となる。戸邉医師の診療:木曜の午前。原則として紹介状要

医師のプロフィール

経歴
1983年3月 東京大学 卒業
1993年3月 東京大学医学部附属病院第三内科助手
1998年8月 東京大学医学部附属病院糖尿病・代謝内科助手
2003年10月 東京大学大学院医学系研究科代謝・栄養病態学(糖尿病・代謝内科)講師
2007年4月 東京大学大学院医学系研究科代謝・栄養病態学(糖尿病・代謝内科)准教授
2007年5月 富山大学附属病院第一内科教授
所属学会・認定・資格

医学博士、日本糖尿病学会理事、日本内分泌学会評議員、日本肥満学会理事

予防に心がけたいこと

糖尿病やメタボリックシンドロームの治療の基本は生活習慣の改善であり、食事療法と運動療法を正しく行うことが大切。食事療法に関しては、栄養指導で正しい知識を身につけることが第一歩となる。運動療法は合併症の検査を行ったうえで行う。歩数計を持ち歩き、無理のないところから開始するが「継続は力なり」という言葉があるように、「続けられる運動」を目指す。毎日体重を測定し、自分で早食いや食事の好み等を認識し、さらに食べ過ぎの原因を自覚して生活習慣の改善に心がけることが重要となる。