ドクターズガイド

塩屋 斉 医師 (しおやひとし)

塩屋 斉 (しおやひとし) 医師

市立横手病院(秋田県)
頭痛・脳神経内科
科長

専門

頭痛

医師の紹介

2007年より頭痛患者を専門的に診察する頭痛外来を開始した市立横手病院において脳神経内科科長として診療にあたる塩屋斉医師。痛みに耐えることをよしとしがちな日本人の認識に対して頭痛は我慢すべきでない症状であると警鐘を鳴らす。「頭痛くらい」と思っても一度は頭痛外来を受診することを勧めている。診療にあたっては細部にまでわたる問診に基づく診断と治療の丁寧な説明、また痛みの記録を取る重要さを示し予防を中心としたきめ細かい生活指導を行っている。

診療内容

治療対象は片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛などの慢性頭痛の患者。最近では市販の鎮痛薬の服用のし過ぎにより脳が痛みに過敏になってしまい頭痛が悪化してしまう薬物乱用頭痛の患者も増えているという。
「頭痛外来ではこのような患者さんも対象となります。私達日本人は痛みを我慢して日常生活や社会生活を送ることが美徳であるという認識に陥りがちです。また「ちょっとした頭痛程度で病院に行く必要はないだろう」という考え方が蔓延しております。しかし、頭痛は我慢しなくてもよい(我慢すべきでない)症状であり、適切な診断をすればきちんと治療できる疾患です。頭痛で悩まれている方は、”頭痛くらい”で結構です、ぜひ一度頭痛外来を受診されることをお勧めいたします」(塩屋医師)
治療は、詳細な問診からはじまり、頭痛の原因・機序・治療についての丁寧な説明、頭痛ダイアリーから誘因を明らかにして予防についての生活指導、など患者一人ひとりに合わせた生活上での改善を目指す。「治療においては頭痛発作時の頓挫薬のみならず必要に応じて頭痛の頻度と程度を和らげる予防薬を使用します。また頭痛ダイアリーを記載していただいて頭痛の誘因を明らかにして日常生活における予防について生活指導します」(塩屋医師)
頭痛ダイアリーとは、頭痛の起こった日時、女性の場合は生理期間、頭痛の程度、薬を使用した日時や薬の量、日常生活への影響度、頭痛が起こった状況などについて記録する頭痛の日記のことで日本頭痛学会のホームページから書式をダウンロードできる。
「頭痛で悩んで受診する際には自分の頭痛をきちんと把握して医師に詳しく話すようにしてください。いつから頭痛に悩んでいるのか、頭痛の頻度、場所、痛み方、持続時間、頭痛以外の症状などについて事前にメモをしておくと説明しやすいと思います」(塩屋医師)

診療を受けるには

塩屋医師の診察は:水曜・木曜・金曜の午前。頭痛外来は、月曜と水曜の午後。新患は完全予約制。※当日の予約は不可。紹介状はあると理想的ですがなくても可。

累積症例数または患者数

新患数:約6,000人(2006年より)

年間症例数

新患数:700-800人

医師のプロフィール

経歴
1966年生まれ
1990年 弘前大学医学部卒業、同年秋田大学医学部脳神経外科学教室入局
1993年 秋田大学医学部脳神経外科助手
1996年 日本脳神経外科学会専門医
2004年 日本脳卒中学会専門医
2006年 市立横手病院脳神経内科科長
2007年 同院頭痛外来開設
2008年 日本頭痛学会専門医
2010年 日本頭痛学会指導医
2012年 日本頭痛学会評議員
所属学会・認定・資格

日本脳神経外科学会専門医、日本頭痛学会専門医・指導医・評議員、日本脳卒中学会専門医

予防に心がけたいこと

片頭痛が起こった場合は出来る限り安静にして(可能ならば暗くて静かな場所で横になる)痛むところを冷やしてください。片頭痛を起こさないためには、誘因である強い光・騒音・換気の悪さ・人ごみなどを出来るだけ避けること、ストレスを溜め込まないこと、寝過ぎ・寝不足を避けて休日も普段通りに起きて規則正しい生活を心がけること、が大切です。

◇参考
片頭痛の予防方法:誘因である強い光(日差し)、騒音、換気の悪さ、人ごみをできるだけ避ける、寝過ぎ・寝不足を避けて休日も普段通りに起きて規則正しい生活を心がける、食事をきちんと摂る(空腹・低血糖を避ける)、食べ物が誘因か注意する(後述)、マグネシウムやビタミンB2などが多く含まれる食材を摂取するように心がける(後述)、コーヒー・緑茶を飲み過ぎない
片頭痛を誘発しうる食品:赤ワイン(チラミン)、チーズ(チラミン)、チョコレート(アミン)、発色剤を使用したハム・ソーセージ(亜硝酸塩)、化学調味料(グルタミン酸ナトリウム)
片頭痛を減らす栄養素:マグネシウム(脳の血管を安定化させる)が豊富な大豆とその加工品、ひじきやわかめなどの海藻類、カツオ、イワシ、ごま、アーモンド、ほうれんそう、とうもろこし、にがり
ビタミンB2(細胞内のミトコンドリアの働きを助ける)が豊富なレバー、うなぎの蒲焼、ブリ、カレイ、イワシ、牛乳、ヨーグルト、納豆
片頭痛発作時の対処法:静かな暗い部屋で横になって休む、仕事中なら椅子にゆったり座って安静にする、 痛む部位を冷やす(冷たいタオル、冷却シート)、 入浴は避けてシャワーですませる、 痛くなり始めの時にカフェインを含むコーヒーか緑茶を飲むと楽になる場合がある(飲み過ぎは逆効果)