ドクターズガイド

吉川裕之 医師 (よしかわひろゆき)

吉川裕之 (よしかわひろゆき) 医師

茨城県立中央病院 茨城県地域がんセンター(茨城県)6病院のクチコミ
病院長

専門

婦人科がん

医師の紹介

吉川裕之医師は婦人科がん治療の高い技術と豊富な経験で多くの患者と向き合ってきた。妊娠・出産を希望している患者への妊孕性温存(妊娠のため機能を残す)療法には定評があり、国内トップレベルの症例数を誇る。がんの他、子宮筋腫・子宮内膜症・性行為感染症・更年期障害などにも幅広く対応。開腹手術ではなく、内視鏡手術などの最新技術によって患者への負担軽減に努めている。院内の各科連携による総合力、及び外部医療機関との密なパイプを駆使し、患者のニーズに応えうる高度な医療提供を実現している。
2015年4月1日より、茨城県立中央病院の病院長となり現在でも産婦人科外来診療や手術は行っている。

診療内容

筑波大学附属病院・産婦人科では、多くの婦人科がんの診断・治療にあたっていたが、現在の病院でも筑波大学同様の診療を継続している。若年の患者に対しては、単に病巣を取り除く治療法を追求するだけでなく、妊娠する能力を残す道を模索しながら治療に臨んでいる。また、子宮筋腫や卵巣腫瘍といった良性疾患に対しても、開腹手術ではなく、内視鏡手術などの最新技術によって患者への負担軽減に努めている。
婦人科がんの中で最も多い疾患である子宮頸がん、1/2期がんでは、主として自律神経温存の広汎性子宮全摘出術、3/4期では、放射線療法・化学療法の併用を施す。昨今は副作用対策(支持療法)の発展などに伴い、入院することなく外来で化学療法が受けられる技術が進み、同科においても外来での化学療法がスムーズに行える体制を整え入院に至る場合も、上皮内がん・微小浸潤がんに対しては積極的に円錐切除術を行うなど、縮小手術による短期入院(3日間)と、あくまでも妊娠できる能力温存との両立を目指している。
子宮体がんにおいても子宮頸がんと同様に治療実績が全国上位5位以内を継続し、手術療法が主体であるが、化学療法やホルモン療法(高用量MPA療法)などを用いて、子宮を摘出しない保存的な治療も数多く行っている。
卵巣がんは、婦人科がんの中では最も予後が悪いがんと言われるが、手術療法と化学療法を組み合わせる集学的治療法により、その予後が徐々に向上している。同科でも化学療法に造詣の深い医師が卵巣がんの治療に携わり、初期の卵巣がんで妊娠を希望する患者に対しては、片側の卵巣と子宮を温存の上、良好な予後と術後の妊娠成立との両立を果たしている。
上記のような手術・化学療法・放射線などの選択や方法は、いっそうの個別化・適正化が必要になるとし、合わせて、副作用や合併症を予防する努力も推進されて、状況に応じて、消化器外科・腎泌尿器外科・放射線科など、院内の様々な診療グループと密に連携をとり、最良の医療の提供を常に考えている。

診療を受けるには

初診は、原則「紹介状(診療情報提供書)」が必要。紹介状がない場合、保険外併用療養費として4000円(税別)が必要となる。
吉川医師の外来日は、金曜の午前(代診となる場合があるため事前に要確認)

医師のプロフィール

経歴
1978年3月 東京大学医学部医学科 卒業
1978年6月 東京大学医学部附属病院 研修医(産科婦人科)
1984年1月 東京大学医学部 助手(産科婦人科学)
1986年4月 ドイツ国立がんセンター(DKFZ)留学
1993年8月 東京大学医学部 講師(産科婦人科学)
1996年4月 東京大学医学部 助教授(産科婦人科学)
1997年4月 東京大学大学院医学系研究科 生殖発達加齢専攻 産科婦人科学講座 生殖腫瘍学分野 助教授兼担
2001年2月 筑波大学臨床医学系 産科婦人科学 教授
2001年9月 筑波大学人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻 婦人周産期医学教授兼担
2003月4月 筑波大学人間総合科学研究科 疾患制御医学専攻長
2007年1月 筑波大学人間総合科学研究科副研究科長
2012年4月 筑波大学医学医療系長
2015年4月1日~茨城県立中央病院 病院長
所属学会・認定・資格

日本産科婦人科学会 専門医、日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医、日本臨床腫瘍学会 暫定指導医、日本癌治療学会 臨床試験登録医、母体保護法 指定医、日本がん治療認証医機構暫定教育医、日本がん治療認証医機構がん治療認定医