ドクターズガイド

佐戸川弘之 医師 (さとかわひろの)

佐戸川弘之 (さとかわひろの) 医師

福島県立医科大学附属病院(福島県)3病院のクチコミ
心臓血管外科
准教授

専門

末梢血管、静脈の外科、下肢静脈瘤

医師の紹介

佐戸川弘之医師は、静脈疾患、中でも下肢静脈瘤治療のエキスパートである。2010年に日本静脈学会の委員の一員として「下肢静脈瘤に対する血管内治療のガイドライン」をまとめ、静脈外来を専門に持つ。伏在静脈瘤にはレーザー手術やストリッピング術を、より細かい静脈に生じる網目状静脈瘤やクモの巣状静脈瘤には硬化療法と、症状に合わせ、適切な療法を選択。エコノミー症候群とも言われる静脈血栓症にも通暁し、東日本大震災では福島県内の避難所を巡回して、治療・調査を行う。

診療内容

静脈疾患の中で多いのは下肢静脈瘤と静脈血栓症である。「下肢静脈瘤は静脈が皮膚から浮き出てふくらむのがもっとも一般的な症状で、進行すると足のむくみやだるさ、痙攣、炎症を生じる進行性の病気です」と佐戸川医師は解説する。大きく分けて、細い静脈が膨張したクモの巣状静脈瘤や網目状静脈瘤、太い静脈が拡張し瘤のようになった伏在静脈瘤・側枝状静脈瘤に分類される。治療としては「圧迫療法、硬化療法、手術を組み合わせ、症状にあった治療を行います。圧迫療法とは医療用の弾性ストッキングや弾性包帯で下肢に圧力を加え、血流の流れを助ける方法です。手術や硬化療法の効果維持として用いられますが、手術をせずずっとこの方法で様子を見ている方もいます。注射で薬剤を注入する硬化療法は外来で短時間で行える治療です。手術ではストリッピングが標準的で、血管の中に針金を通し、悪くなった血管ごと引き抜いてしまいます。局所麻酔で行えば、術後1時間ほど休めば普通に歩くことができ、当日から日常生活に戻ることが可能です。当院では3泊4日で行っています」と言う。また、エコノミー症候群としてマスコミに取り上げられ、注目を集めた静脈血栓症は、足の静脈が血栓で詰まってしまう病気である。「その血栓が血液の流れに乗って肺まで運ばれてしまう怖い病気です。足が急に腫れたり、色が変わったりしたら、受診をお勧めします」と佐戸川医師はアドバイスする。

診療を受けるには

大学病院は病診連携から予約。できれば紹介状を。受付で指名すれば診察可能。診察時間は、水曜・金曜の午前。下肢静脈瘤診療は金曜。総合南東北病院でも毎土曜に静脈外来を実施。

累積症例数または患者数

およそ500例以上

年間症例数

延べ200人くらい

医師のプロフィール

経歴
1981年3月 福島県立医科大学医学部 卒業
1981年5月 福島県立医科大学第一外科
1989年4月 福島県立医科大学心臓血管外科
1994年4月 福島赤十字病院心臓血管外科副部長
2003年1月 福島県立医科大学血管外科准教授
所属学会・認定・資格

日本外科学会認定医・指導医・専門医、日本胸部外科学会認定医・指導医、日本循環学会専門医、日本心臓血管外科学会専門医、日本心臓血管内視鏡学会指導医
日本静脈学会(評議員 1996〜2002年事務局長)、日本脈管学会(評議員)、日本血管外科学会(評議員)、日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、国際心臓血管外科学会、Union of Anglology

予防に心がけたいこと

日頃から立ちっぱなし、座りっぱなしの生活は避ける。こまめに足を動かす。

費用のめやす

保険の適用内