ドクターズガイド

伊藤 健 医師 (いとうけん)

伊藤 健 (いとうけん) 医師

帝京大学医学部附属病院(東京都)28病院のクチコミ
耳鼻咽喉科
教授

専門

鼓室形成術、アブミ骨手術、人工内耳手術、感音難聴の診断・治療、補聴器

医師の紹介

伊藤健医師は、耳科学、聴覚医学を中心とした耳の専門家。医学は各個の症例を丹念に検討することから出発するものであり、医師として病院にある限りは臨床重視が当然であるという考えのもと、日々難聴や中耳炎に悩まされている患者と向き合っている。成人・小児に対する鼓室形成術や人工内耳手術など耳科手術をもっとも得意としており、とくに難度の高い手術の経験が豊富である。またそれとともに新たな手技を導入したり、考案した実績も多く、その手腕は高く評価されている。

診療内容

同院耳鼻咽喉科の特徴は、難聴や中耳炎の症例数が多いことである。伝統的に中耳手術・難聴治療を得意とする科であると共に、地域の基幹病院としての役割も果たしている。そのような伝統のある同院で教授・診療科長として診療チームを引っ張っているのが伊藤医師である。
「慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、耳硬化症などに対しては、聴力改善や耳漏停止を目的とした中耳手術を多数おこなっていますが、当科での中耳手術の術式は、ほとんどの症例で外耳道再建をおこなうため、術後はケアーフリーで水泳をすることも可能となります」
健康な人と同じように、なにも保護をしなくても水泳ができるというのは驚きである。ちなみに中耳手術は伊藤医師が中心となっておこなっており、補聴器が使用できない高度難聴のための人工内耳にも積極的である。
「人工内耳・中耳に関しては、専門外来を設けました。高度難聴で補聴器が使用できない成人や小児に対し、各種聴力検査および、側頭骨CTなど画像診断の結果を見て、人工内耳手術の適応を決定しています。手術だけは対応できない療育が必要となる小児の場合は、言語聴覚士による言語能力の評価や療育環境の相談もしています。そして突発性難聴に対しては、各種検査を十分におこなったのち、おもにステロイド投与などのスタンダードな治療をしております」(伊藤医師)
また、伊藤医師は難易度の高い耳科手術を数多く経験しており、とくに新たな手技の導入・考案、そして過去の手技を低侵襲なものに改良したり、補強したりすることにとても長けている。それらの中から注目すべきものを年代順に並べてみた。
1997年 東大病院における小児人工内耳第1例執刀
1997年 脳外科合同による中耳・頭蓋底手術
1998年 東大病院における内耳奇形に対する人工内耳第1例執刀
2004年 骨化蝸牛のドリルアウトによる人工内耳挿入手技(東大山岨教授とのcollaboration)
2004年 危険性側頭骨症例(手術困難例)における内視鏡を併用した安全な中耳手術手技
2004年 中枢障害合併を疑われる症例においても有効であった人工内耳手術
2006年 外耳道内切開のみから上鼓室まで郭清する手技
2006年 Short Incision(小さな切開)による人工内耳手術手技
2007年 東京医療センター小児人工内耳第1例を執刀・指導(東大加我名誉教授症例)
2010年 新帝京方式手術手技(定評ある帝京式を改良)
より堅固なフラップ、より確実な外耳道後壁再建、そしてより低侵襲

小さな切開ですむ人工内耳手術や小児に対する耳科手術など、より安全でより効果が高く、より低侵襲な手術を心がけている伊藤医師。その探究心が生む新しい手技により、闇から光を得た患者も数多い。

診療を受けるには

初診は紹介状が必要。一般外来受診者の中耳手術も伊藤医師の指導下に行われるため医師の指定は通常必要ない。中耳手術は約3ヶ月待ち。

累積症例数または患者数

中耳手術執刀1,500例以上

年間症例数

中耳手術執刀100例以上

医師のプロフィール

経歴
1988年3月 東京大学 卒業
1988年6月 東京大学耳鼻咽喉科
1989年7月 JR東京総合病院耳鼻咽喉科
1990年6月 竹田綜合病院耳鼻咽喉科
1992年9月 東京大学耳鼻咽喉科
1994年2月 東京大学保健管理センター
1999年10月 フランス共和国ボルドー第2大学(内耳細胞電気生理学)
2002年3月 東京大学耳鼻咽喉科
2011年2月 帝京大学耳鼻咽喉科教授
所属学会・認定・資格

日本耳鼻咽喉科学会専門医・代議員、日本聴覚医学会代議員、日本耳科学会代議員、日本めまい平衡医学会専門会員など

予防に心がけたいこと

大学病院への受診には紹介状が必要なため、耳漏(みみだれ)が出た場合、急に難聴や耳鳴(みみなり)が出現した場合、徐々に難聴が進行して日常生活が不自由となった場合には、まず近くの耳鼻咽喉科医院や病院を受診して、大学病院への紹介が必要な病気であるかを判断してもらうこと。

費用のめやす

中耳手術は高額医療払い戻しの対象となるので、最終的な支払額は地方自治体によって決まる。