ドクターズガイド

丸岡隆之 医師 (まるおかたかゆき)

丸岡隆之 (まるおかたかゆき) 医師

黒崎中央医院(福岡県)
院長 精神科、心療内科

専門

PTSD(心的外傷後ストレス障害)、うつ病、精神療法

医師の紹介

トラウマ領域をはじめとする臨床精神医学、精神療法のスペシャリスト。久留米大学医学部精神神経科学教室に約20年在籍し、その間、急性期治療病棟における集団精神療法や精神科デイケアにおけるうつ病認知行動療法の導入、また、国内外に大きな衝撃をもたらしたえひめ丸沈没事故(2001年)の被害生徒への調査やトラウマケアなど、大きな足跡を残した。2005年には精神科治療学賞優秀賞を受賞した。それらの経験を生かすべく、2012年5月に黒崎中央医院を開業し、地域医療に貢献している。

診療内容

2012年5月に開業したばかりの同院では、まず治療提供として、うつ病を対象とした集団認知行動療法を導入している。導入日は外来診療を閉じ、院長である丸岡医師、自らが実施することによって、一定の効果を上げている。また、今後はトラウマやうつ病の治療およびリハビリテーションを目的とした、精神療法を主眼に据えたデイケアの立ち上げを計画している。
これらは、患者数の増加に伴い、自ずと医療の質がテーマにならざるをえない精神科医療において、その質を補完するものとしての機能を果たすように計画されているのである。
丸岡医師は以下のように語る。
『すなわち「回復」は、いわゆる「元通りになること」とは限らない。「回復」の課題は、個人的、家庭的、社会的な領域など、個人によって様々であるが、治療プロセスの中で、多くは「発病」を引き起こした元の人生とは別の、新たな自分を模索してゆくものである。また、その途上に、決して楽とは言えない一時期があることも珍しくない』
同院での治療は、個人の目指す回復に向かってサポートできるように、できる限り貢献したいと考えているのである。

診療を受けるには

予約制ではないが、電話で予約をすれば待ち時間が短縮される。

累積症例数または患者数

新規患者数:約400名(開業7ヵ月間)

医師のプロフィール

経歴
1992年 久留米大学医学部精神神経科学教室入局
2005年 久留米大学医学部精神神経科学教室医局長
2008年 久留米大学医学部精神神経科学教室講師
2009年 久留米大学病院精神神経科外来医長
2011年 社会保険田川病院精神科医長
2012年 黒崎中央医院開院。久留米大学医学部精神神経科学教室非常勤講師
所属学会・認定・資格

精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、医学博士、臨床心理士、日本・欧州共通サイコセラピスト、福岡犯罪被害者支援センター専門委員、日本精神神経科診療所協会、日本トラウマティックストレス学会(第7回大会事務局長 2008年)、日本集団療法学会、日本精神分析学会、日本心理臨床学会、日本病跡学会、九州精神神経学会など

予防に心がけたいこと

精神障害の予防は難しいが、誰もがわかりやすく、簡便で確実性の高い指標としては、睡眠障害(入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒、浅眠、悪夢、過眠など)があげられる。内閣府の、自殺防止のための睡眠キャンペーンでも取り上げられているように、2週間以上続く睡眠障害は、うつ病などの精神障害が背景に存している可能性があり、精神科医療機関への受診を検討する余地があるだろう。

費用のめやす

保険診療内