ドクターズガイド

これまでの一覧 →

緑内障

1/2

緑内障は、眼圧によって視神経が傷つき、視野や視力に障害が起こる病気。長期間に渡り視神経が痛んでいくことで、放置すれば失明に至る。日本人の失明原因の第一位となっている。一度、痛んだ視神経は回復することはなく、治療は進行を抑えること。緑内障の原因や発症のメカニズムについて 緑内障のスペシャリストである四谷しらと眼科(東京都新宿区) 院長の白土城照医師にお話を伺った。

― 緑内障とは、どんな病気ですか?また、白内障とどう違うのでしょうか?

緑内障は、視神経が萎縮して視野が狭くなる・欠ける・視力が低下するなど視野や視力に障害が起こる病気。一般的には、眼球内を循環している房水という液体がなんらかの原因で排出されにくくなると眼圧(目の中の圧力)が上がり、視神経が傷つけられると考えられていますが、眼圧が高くなくても視神経の抵抗力が弱い場合には、視神経が痛んでゆきます。日本人では眼圧が高くない緑内障(正常眼圧緑内障)が多いことが知られています。一度傷ついた視神経は回復することはなく、進行を抑えることが唯一の治療です。放置すれば失明しますので、出来るだけ早期に治療することが重要です。
 これに対して白内障は、レンズの働きをする水晶体が濁って視力が低下する病気です。症状が進めば手術で眼内レンズを挿入することで視力を取り戻すことができます。

緑内障も白内障も40歳頃から徐々に増える病気。40歳を過ぎたら定期検診を受けましょう。

―緑内障になると、どんな症状が現れますか?

白土城照医師

視野が欠け、その欠けた部分がだんだん広がっていきます。初期には欠損が軽度で異常を自覚することは稀です。また緑内障では中心部の視野はかなり後期まで保たれますので、眼を動かしたり、あるいはもう片方の目で欠損部を補ったりして見るため、かなり進行するまで異常に気が付かないことがほとんどです。両方の眼が悪い場合には、例えば、カレンダーを見ると途中の数字が抜けて見えたり、階段をふみはずすなどで異常に気付くこともあります。
 緑内障にはいくつか種類があり、目の痛みや頭痛を起こすものなどもありますが、ほとんどの緑内障は無症状です。

―緑内障にはいくつかの種類があるのですか?その種類について教えて下さい。

緑内障で、最も多いのが「原発緑内障」で、原発閉塞隅角緑内障と原発開放隅角緑内障と2タイプに分かれます。原発閉塞隅角緑内障は、房水の排水口である隅角という部分がふさがっているタイプで、遠視気味の人で50歳以上に起こりやすく、眼の痛み、頭痛 あるいは電球の周りに虹が見えるなどの症状が出る場合もあります。原発開放隅角緑内障は、排水口である隅角の奥の線維柱帯とよばれる、下水管で言えばフィルターにあたる部分がが目詰まりして房水の流れが滞るタイプです。常に少し高めの眼圧が続きますが、自覚症状はありません。日本人に多い正常眼圧緑内障はこのタイプに分類されます。

この他、生まれながらの発達緑内障や、ほかの病気や薬の影響で眼圧が上がることで発症する続発緑内障、高眼圧症と言って、眼圧が高くても視神経に障害がみられない症例もあります。高眼圧症はいずれ緑内障になる危険性もあるので、薬物治療を行うことがあります。

1/2

続きを読む →



緑内障の関連情報一覧 ⇒