ドクターズガイド

これまでの一覧 →

ED

1/2

勃起障害(ED)は生活習慣病と深く関係がある

日本人の成人男性のうち、4人に1人が勃起障害(以下、ED)と言う。ありふれた病気でありながら、「危険な偽造薬販売が横行している、動脈硬化と関連がある、などの重大な問題が見過ごされている」と昭和大学藤が丘病院副院長・泌尿器科教授の佐々木春明医師は話す。病院で医師の処方を受けることの大切さとその治療方法について、現状を伺った。

――まずは勃起が起きる、仕組みについて教えてください。

佐々木 男性が性的な刺激を受けると、その刺激は脳から脊髄を通り、陰茎に向かって勃起指令が出されます。その指令によって陰茎の海綿体が膨らみます。例えば、蓮のような実が膨らむと中の空洞が大きくなるように、海綿体が膨らむとそこに血液が充満して勃起するのです。

勃起すれば、いつもより速いスピードでドーッと血液が陰茎に流れ込むので、動脈が広がります。全身の動脈はなかなか広がらないものですが、陰茎に行く動脈が勃起すれば平常時の1.8倍も太くなります。それだけ太くなるということは、血液の流れも増えるということでもあります。なお、勃起には、交感神経・副交感神経も関与します。仕事をしている時のように戦闘モードの時は、交感神経が優位になっていて勃起は起こりません。勃起が起きるのは、リラックスして副交感神経が働いている状態で、なおかつ性的な刺激を受けた時です。

――EDに、特徴的なタイプのようなものはあるのでしょうか。

佐々木 ストレスからくる心因性EDと、身体的な理由による器質性EDがあります。この2つは明確に分けられるものではなく、両方が同時に起こる混合型EDも存在します。

一般的に、心因性EDは「早く子どもを作らなければ」と焦る男性に多く、30代後半から40代にかけて見られます。それに対して器質性EDは40代後半あたりから増え、多くの場合、生活習慣病が関与しています。勃起すると陰茎に血液が流れ込むので、その動脈は太くなければなりません。しかし、生活習慣病で血管が傷んでいるとうまく血液が流れにくくなり、勃起しにくくなってしまうのです。

ED

――EDと生活習慣病が関係するというのは意外です。ED があるかどうかで、死亡率にも影響しますか。

佐々木 そうです、死亡率と関係することがわかっています。EDの人は、EDでない人より死亡率が高いという報告があります。心臓・血管の問題や心筋梗塞のある人がEDでもあれば、EDでない人の約2倍も死亡率が上がるとされています(*)。

注意しなければならないのは、「年のせいで勃たないだけだ」と思っていると、着々と動脈硬化が進んでいること。動脈は年をとるだけでも硬くなるので加齢も深く関係しますが、50歳を過ぎてEDなら、一度は検査を受けることをお勧めします。

*B?hm M et al:Circulation 121(2010)1439-1446.

――自分がEDかどうか、性交の最中に気づくものなのでしょうか。それともマスターベーションができるかどうかが目安ですか。

佐々木 性交中に気づくのは難しいでしょう。なぜなら、日本人は世界で最も性交回数が少ない国民だからです(*)。若い人から高齢者まで含めた日本人男性の性交回数は、年間平均46回とされています。一番多いイギリスは183回ですから、日本人がいかに少ないかがわかります。 当院の患者さんも、2~3年性交をしていないという人も多くいます。性交自体が少ない日本人には「性交の時に気づいてください」というのは難しいと考えられます。

でも、性交をしていない人も、マスターベーションは行っています。性交の有無にかかわらず判断できる基準として、朝勃ちがあるか、勃起した時の硬さが昔と比べてどうか、といったことを見るといいでしょう。

* Durex社の調査による

1/2

続きを読む →



ED(性機能障害)の関連情報一覧 ⇒