ドクターズガイド

首こりは3秒で治る!

美容と若さのカギも首にあり!

首姿勢は普段の気分だけでなく、美容や若さなどのアンチエイジングのカギも握っています。


そうすると、どんなことが起こるでしょうか?


首姿勢と美容効果との関係を考えると、「見た目の美しさ(外面)」「体内の血液循環(内面)」の2つに影響を与えています。


まず「見た目の美しさ」から考えてみましょう。

あなたは、前かがみで首に負担のかかる姿勢で過ごしている人を見て、どんなイメージを抱くでしょうか。

「疲れているのかな」

「人生が楽しくないのだろうか」

と思うかもしれません。

逆に、堂々と胸を開いて、首に負担をかけない「首姿勢美人」の人がいたらどうでしょうか?

もし同じ年齢だったとしても、若さや快活さを感じるのではないでしょうか。

私も、前かがみの患者様が、姿勢を変えるだけで見ちがえるほど若々しさを取り戻した例を、今までに何度も見てきました。

では、なぜ首姿勢を変えるだけでそんなに若々しく見えるのでしょう。

答えは簡単です。


顔を上げ、胸を開いて、首姿勢をよくする――


たった一つの小さなアクションにすぎませんが、まず周囲に与える印象ががらっと変わるからです。

すると、周りから「なんだか急に若々しくなったんじゃない?」と声をかけられるようになります。うれしさも手伝って、返事をする際も、表情は自然と笑顔になりますよね。

姿勢が変わると、印象が若々しくなり、周囲の反応が変わる。

そうすると、自分の対応が明るくなり、ますます若々しくなっていく。

でも、本人は意識を変えただけです。高価なアンチエイジングに通ったわけではありません。

「首姿勢の美しさ」への意識が、大きな変化を与えてくれたのです。


では、「体内の血液循環(内面)」については、どうでしょうか。

多くの女性が抱えている「冷え症」の悩み。

冷え症の原因は、末梢神経が狭い、ホルモンのバランスが悪いなど、さまざまなものがあります。その原因の一つとして「悪い首姿勢により、首の神経を圧迫している」ことも考えられます。

なぜなら、手足とつながっている首の神経が圧迫されたことにより、血液をうまく巡らせることができず、手が冷たくなったり、足が冷たくなったりしている場合があるからです。

だからこそ、首姿勢を整えるという意識だけで、冷え症まで治ってしまったという例はいくつもあります。

しかも冷え症は、対策を誤るとより悪化させてしまうこともあります。

「手足が冷えるので、靴下を履いて、寝間着を何枚も着て寝ています」という人がいますが、この着ぶくれ状態は、寝返りを打ちにくくさせてしまいます。


寝返りが打てない→血液循環が悪くなる→冷え症が改善しない→さらに着ぶくれ状態になる


という、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

続きを読む →

山田朱織医師
山田朱織医師(医師情報)

16号整形外科 院長/山田朱織枕研究所 代表取締役社長
睡眠姿勢と枕の研究のエキスパート。親子2代・40年の臨床経験を背景に同院に開かれた、全国でも数少ない枕外来では、睡眠姿勢や自宅でできる簡単な枕の調節法などの指導が受けられる。2003年からは整形外科枕の研究・開発に着手。オーダーメイドの整形外科枕を計測・販売する併設の山田朱織研究所には、これまでに3万人もの人が訪れている。