ドクターズガイド

からだ相談Q&A

Q.

性別:女性、年齢:53歳

義理の父の介護で便秘になりました。便意を感じても父のお世話をしている最中だとすぐにトイレに行けなかったり、ストレスも関係しているように思います。ある時期はコロコロうんちしかでず、ある時期は便が硬すぎて痔になったり、ある時は鉛筆のように細い便しかでず、またある時期には便秘と下痢を繰り返しています。最近は頻繁におならも出るようになりました。

まだ当分介護は続くと思われますが、このままで大丈夫なのでしょうか?

A.

お父様の介護大変ですね。

以前から言われている便秘の病態にストレスで腸の動きが低下して便から水分が過剰に吸収されてコロコロの便になる「痙攣性便秘」があります。

この体質の人は旅行に行ったり、環境が変わったり、ストレスが加わるとご質問のような「コロコロうんち」となります。コロコロの小さなウンチはバナナ便が圧縮されて小さくなったものなので、便回数が減りますが、そのこと自体はさほど問題はありません。ただ腸の形が捻じれていたり、運動不足になったりするとコロコロの固い便が出づらくなり、腸のねじれに引っかかって便秘と下痢を繰り返したり、腹痛を起こしたり、肛門を傷つけたりすることがあります。

ガスは便秘自体でも増えますが、いろいろなストレスから呑気症を起こしている可能性もあります。適切なストレス対処が根本的な対策ですが、難しい場合はオリゴ糖などで便性状を整えて出しやすくするべきと思います。

50歳以上は大腸癌が増えてくる年齢なので便潜血検査などをされていなければ一度医療機関を受診してください。お大事に。


(2017.09.28)

回答:水上 健医師(医師情報 ⇒)

これまでの質問【便秘】一覧 ⇒

からだ相談Q&Aトップ ⇒

 


質問はこちらから ⇒

便秘の関連情報一覧 ⇒