ドクターズガイド

明日出合うかもしれないまれな疾患に気付くには


出合う頻度は少なくても、学会でときどき発表されているような疾患は、いざ遭遇した時に想起できるぐらいにはしておきたいもの。ということで、今回は「頻度は低いが明日出合うかもしれない救急疾患」をいくつか紹介します。...

続きはコチラ⇒

この記事は:日経メディカル Onlineより