ドクターズガイド

FOLFOXIRI+ベバシズマブで治療後のmCRCに対する維持療法のベバシズマブ+metronomic chemotherapyは有用性を示せず【WCGC2018】


 転移を有する大腸癌(mCRC)患者に対し、FOLFOXIRI+ベバシズマブによる治療を行った後、維持療法としてベバシズマブとmetronomic chemotherapy(metronomic CT)を併用しても、無増悪生存期間(PFS)と全生存期間(OS)の延長は得られないことがフェーズ2のMOMA試験の最終解析から示された。6月20日から23日までスペイン・バルセロナで開催されているESMO 20th World Congress on Gastrointestinal Cancer(WCGC2018)で、F Marmorino氏が発表した。...

続きはコチラ⇒

この記事は:日経メディカル Onlineより