ドクターズガイド

妊婦のPM1曝露も早期産リスクを上昇させる


 中国National Human Genetic Resources CenterのYuan-yuan Wang氏らは、中国全体の大気汚染レベルと早期産の関係を検討するコホート研究を行って、直径1μm以下の微粒子PM1の曝露量が多い地域に住んでいる妊婦は、早期産のリスクが上昇していたと報告した。結果はJAMA Pediatrics誌電子版に2018年1月2日に掲載された。...

続きはコチラ⇒

この記事は:日経メディカル Onlineより