ドクターズガイド

非薬剤師との協働を探り、「薬剤師ならでは」の仕事に注力しよう


対物業務から対人業務へのシフトが叫ばれ、かかりつけ薬剤師として患者への関与をこれまで以上に求められている。とはいえ、既存の業務が減らなければ、現場の薬剤師の負担は増すばかり。その解決策として薬剤師と非薬剤師との協働を提案するファルメディコ代表取締役社長で日本在宅薬学会理事長の狭間研至氏に話を聞いた。(聞き手は本誌編集長、佐原加奈子)...

続きはコチラ⇒

この記事は:日経メディカル Onlineより