ドクターズガイド

病気を調べる(家庭の医学)

ED(勃起不全)

EDはErectile Dysfunctionの略で、勃起不全という意味です。
従来はインポテンス(陰萎)と呼ばれてきましたが、最近ではEDと呼んでいます。

一般にEDは高齢男性の病気と考えられていますが、青壮年にも少数ながら存在します。
青壮年男性のEDの大部分は心因性であり、機能的には正常であっても、引っ込み思案や女性との相性の問題で勃起しない状態で、心理的なカウンセリングが必要です。

また、血管性や神経性のEDがあります。
血管性とは動脈が狭くなり、勃起に十分な血液を陰茎に送り込めない状態をいいます。
一方、神経性とは骨盤神経や勃起神経が手術や事故などにより切断された結果、陰茎の血管の膨張を、神経を通して指令することができないためにEDとなります。
血管性のものは血行再建すれば改善しますが、神経性のものは再建が非常に困難です。

このほかに、最近話題になっているいわゆるEDがあります。
これはおもに男性更年期により男性ホルモンなどが低下し、その結果、性欲が低下し勃起不十分となるものです。

原因は単に高齢によるものと糖尿病によるものなどがあり、50歳前後から徐々に現れてきます。
性欲低下、勃起不十分、筋力低下、不眠などの男性更年期症状には、男性ホルモンやDHEA投与が有効です。
しかし、長期に投与すると前立腺がんを発生しやすくなるので、慎重に投与しなければなりません。
これに対して、バイアグラ(クエン酸シルデナフィル)はサイクリックGMPを分解するホスホジエステラーゼ・タイプ5の阻害薬であり、おもに陰茎血管を拡張するので前立腺がん発生の心配はありません。
また、ごく最近、レビトラ(バルデナフィル)がED治療薬として発売されました。

ただし、心筋梗塞や狭心症などで硝酸薬を飲んでいる人では、血圧の急激な低下により死にいたることもあるので、投与前に十分に心臓機能をチェックする必要があります。
バイアグラは勃起を完全にするのみならず、勃起の持続も長くするので若年者も利用しているようですが、若年者では逆にほてり、動悸、頭痛、陰茎疼痛(とうつう)などを引き起こすので要注意です。