ドクターズガイド

病気を調べる(家庭の医学)

陰茎短小

古くからよく耳にする言葉ですが、ほんとうに小さな陰茎の場合はあまり多くありません。
もちろん、人により大小さまざまですが、極端に小さいのは奇形です。
小児の場合、母親が心配して来院することがしばしばありますが、たいてい、子どもが肥満気味で陰茎の本体が脂肪に埋まっており、そのためオチンチンが包皮だけしかないように見える場合が多いのです。
よく元のほうをさわってみると、ちゃんとした陰茎を触れるはずです。
このほかに、奇形として矮小陰茎がありますが、非常に細く小さなものです。
類宦官(かんがん)症で男性ホルモンが足りない場合、陰茎が年齢とともに成長しないため小さいままであることがあります。
早めに男性ホルモンを補充すれば成長します。
いずれにしても、自分の“持ち物”が人よりも少々小さいからといって心配する必要はありません。
小さくても十分に役に立つし、要は使いようであって大きさではないことを理解すべきと思います。