ドクターズガイド

病気を調べる(家庭の医学)

精管結紮(パイプカット)

子どもがすでにあり、もう子どもを望まないカップルのため、男性側が精管結紮するものです。
男性の場合、女性と違い、開腹しないで、陰嚢(いんのう)皮膚を小さく切開するだけで精管結紮できます。
また、局所麻酔で外来手術が可能です。
非常にまれに精管が再度開通することがあります。
精管結紮手術が終わっても精嚢には精子が残っているので、それがなくなるまで数回は避妊が必要です。

精管結紮による副作用はほとんどありませんが、ときどき睾丸(こうがん)に軽い痛みをうったえる人がいます。
これは睾丸でできた精子がたまっているために起こるもので、放置してかまいません。
精管結紮後、再度もとに戻してほしいという人がありますが、数年以上経過すると睾丸が精子をつくらなくなる場合があります。

また、再吻合手術はかなり高度なテクニックを必要とするので、再開通の可能性は50%程度、妊娠率は20~30%くらいで、けっして高くありません。