ドクターズガイド

愛知医科大学病院

診療科目

内科 精神科 神経科 神経内科 呼吸器科 消化器科 循環器科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 アレルギー科 リウマチ科 リハビリテーション科 麻酔科 歯科口腔外科

診療時間・休診日

(午前) 月~土 8:30~11:30(受付時間・科目毎時間・曜日あり)
(休診日) 日・祝・年末年始

医師の紹介

岩堀裕介 医師 ・関節外科(肩・肘・手・膝・足関節)・スポーツ医学・関節リウマチ
玉田康彦 医師 ・発汗障害(多汗症や無汗症)、皮膚悪性腫瘍、膠原病、アレルギー性皮膚疾患
若槻明彦 医師 ・女性医学、周産期医学、腹腔鏡下手術、ホルモン療法(ピル、エストロゲン・プロゲストーゲン配合剤、黄体ホルモン、Gn-RHアナログなど)
塩見利明 医師 ・睡眠時無呼吸症候群(Sleep apnea syndrome: SAS)、過眠症、高血圧
岩瀬 敏 医師 ・神経内科学、神経生理学(掌蹠多汗症)
牛田享宏 医師 ・慢性痛、運動器疼痛、脊椎脊髄病
三鴨廣繁 医師 ・感染症学、化学療法学、感染制御学、産科婦人科学、東洋医学、スポーツ医学
兼本浩祐 医師 ・臨床てんかん学、精神病理学(うつ病・精神分裂病など)、神経心理学

その他

◆住所
愛知県 長久手市 岩作雁又1-1
◆電話番号
0561-62-3311
◆公式サイトURL (最新の情報はこちらでご確認ください)
http://www.aichi-med-u.ac.jp/hospital/
※内容が変更されている場合があります。受診の際は病院にご確認ください。
住所・電話番号等の基本情報は、株式会社QLifeから提供されたものです。
修正・変更・削除についてはこちらへお願いいたします。

Qlifeユーザーからのクチコミ

『症状、効果、感想には個人差があります』
クチコミ数:23
◆ハイリスクでしたが安心して出産できました(まきそう:2016年01月17日)
産婦人科で出産しました。 持病があり妊娠中から心配なことが多かったけど、親身になって話を聞いてくれたり処置について教えてくれました。 持病の診療科とも連携を密にとってくれていました。 入院中の看護師さんもみんな優しくしっかりとケアしてくれたので、ハイリスクでしたが安心して出産できました。
◆形成外科で黄色腫の手術(ジュピター:2015年04月20日)
目の上に黄色腫ができました。 最初は気にならなかったのですが、段々、気になりだしました。 場所が場所なので失敗が怖かったのですが、意を決して手術してもらいました。 やってもらったら全く簡単で、30分位ですみました。 先生、看護師さん、有難うごさいました。
◆形成外科(こぶちゃん:2009年10月03日)
腕はいいと思います。 ただ、とにかく待ち時間が長いのと、交通の便が悪いのが難点。 先生はいい先生が多いです。 全体的に若い感じですが。
◆神谷先生のファンになりました(きよっち:2009年10月01日)
父が、腰部脊柱菅狭窄症で、地元クリニックから愛知医大病院の神谷先生を紹介していただき、診察していただく事になりました。 初めての愛知医大病院来院、手術と、不安でいっぱいでしたが、神谷先生には、私達の話を、親身に聞いていただき、質問にも的確に返答していただけました。 又、介護認定の書類等、地元クリニックでは、なかなか処理していただけなかったものも、迅速に対応していただけました。 なにより医大病院の先生のイメージを、覆されるような、とてもフットワークの軽い、話しやすい、感じのいい、信頼のできる先生です。
◆胃カメラで大騒ぎ~励ましや配慮に感謝~(tempen2:2009年09月07日)
●看護師さんの捨て身の励ましに感謝 生まれて初めて胃カメラなるものを経験しました。 麻酔とマウスピースで身体に起こる違和感と恐怖心にノックアウトされ、治療台の上で「無理。帰ります」と騒いでしまいました。 結局、入れることはできたのですが、それはがっちりと目をつぶった私の手を看護師さんが握ってくださったおかげです。 握りかえした私の力は、きっと、手にアザができるほどの強さではなかったかと思います。 励まし続けてくださることばも、恐怖と戦う支えになりました。 ●お医者さまの我慢(配慮)に感謝 「帰ります」と騒ぐ私を、待っていると言う様子を見せずに待ってくだいました。 あまりこちらを見ず、他のことをなさっているように見えたので、時間を無駄にしないと言うことかもしれませんが、そばにじっと立っていられるよりは焦りが助長されずにすみ、逆に配慮を感じました。 実況中継風の解説も終わった後の対応もサバサバしていて、恥ずかしさを改めて感じるようなことにはなりませんでした。