ドクターズガイド

愛知県がんセンター中央病院

診療科目

内科 外科 整形外科 脳神経外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 麻酔科 歯科

診療時間・休診日

(午前) 月~金 9:00~11:30
(休診日) 土・日・祝

医師の紹介

岩田広治 医師 ・乳がんの診断と治療

その他

◆住所
愛知県 名古屋市千種区 鹿子殿1-1
◆電話番号
052-762-6111
◆公式サイトURL (最新の情報はこちらでご確認ください)
http://www.pref.aichi.jp/cancer-center/index.html
※内容が変更されている場合があります。受診の際は病院にご確認ください。
住所・電話番号等の基本情報は、株式会社QLifeから提供されたものです。
修正・変更・削除についてはこちらへお願いいたします。

Qlifeユーザーからのクチコミ

『症状、効果、感想には個人差があります』
クチコミ数:6
◆手術からその後までお世話になっています(ななっつ:2010年08月24日)
3年前に乳がんが見つかり、手術をしました。 幸い、部分切除で済みました。 リンパ節転移を、センチネル検査というもので検査して、リンパも切りました。 術後の抗がん剤治療と、放射線も無事終わり、現在ホルモン治療中。 設備が整っているので、小さな癌も発見できたことは、良かったです。 前は、待合は名前を呼ばれて入室していましたが、最近は電光掲示板で、番号順に入室しています 駐車場も広く、近くには東山公園もあるので、入院中は子供たちが遊びに行っていました。
◆癌は専門病院で手術をするのがお勧めです。(mono2006:2007年12月21日)
昨年、義理の母がこちらの病院でお世話になりました。 スキルス性の胃がんで、初期でしたが全摘出となりました。 驚いたのは手術を行った翌日にはもう立ち上がり、2日目には点滴をしながら病棟を歩くように言われたことでした。 今まで自分がイメージしていたものとは、全く違ったのでびっくりしてしまいました。 看護婦さんの言葉によると、動かないと回復が遅くなると言うことでした。 大きなトラブルもなかったので、3週間弱で退院できました。 これも驚きでもっとずっと長い間入院しなければならないのではと、漠と思っていました。 退院後ほぼ1年になりますが、再発もなく順調に過ごしています。 癌は初期ならこんなに早く回復できるのだと、身にしみて実感しました。 またこちらの病院は設備も充実していて、医師にも自信が感じられて安心感がありました。 専門病院は症例も多く検査から手術、術後の対応までシステムがしっかりしているのでお勧めです。
◆さすがに医療レベルは高いです(風太郎:2007年10月15日)
以前田舎から父を転院させました。 地元の大学病院で受けた治療の善し悪しは問わず、前の病院で受けた放射線の照射量が多すぎる為、手術後の皮弁の癒着が悪いかもしれない云々の話をされ、そのさりげなさと的確さに安心して任せることが出来ました。 手術は水物で、治癒することが確実なことはありませんが、やはりどこまで治癒する見通しが示されるか、リスクはどういったことがあるかを的確に説明して頂けると嬉しく思います。 頭頸部外科のT先生ありがとうございました。
◆東海地区のがん治療最先端(はる:2007年08月18日)
私の父は、肉腫でがんセンターでなくなりました。43歳の若さでした。 当時の担当医(後にセンター長)は、現在考えられる全ての治療を行なったといいました。 放射線治療により、髪の毛が抜け、痩せてしまいました。 このような辛い姿を見ていると、家族は、居たたまれなくなりました。 入退院を繰り返し、最後は、がんセンターで息を引き取りました。 本人も、がんセンターに入院した時点で、覚悟を決めていたようです。 残念ながら、父は、亡くなりましたが、その後、医療は日進月歩で、進んでおり、聞いた話では、父の病も、現在では、完治できる水準にあるということです。 父の死も医学の発展に、寄与したと思い慰めになる反面、何故、父の生存中に治療ができなかったかと悔しく思います。 いずれにしても、がんセンターは、マスコミなどでも有名な、東海地区のがん治療先端の病院です。
◆大病院なのに・・・(まりねおれおのママ:2007年06月18日)
知る人ぞ知るがんセンターです。 地域の指定拠点病院です。 基本的には初診の医院、医師からさらなる専門的な検査、診断が必要と判断された時に紹介状を書いてもらって(紹介状なしだと余分にお金をとられます。)訪れる病院です。 私もまさにそのパターンで、毎年の健康診断のCT検査でひっかかって紹介状とCT画像の束を手に訪問することになってしまいました。 一度は呼吸器科、もう一度はそれから約1年半後に消化器科でした。 “がんセンター”という名称だけで(この名称は良くない)すでにかなりびびり気味で訪れたのを覚えています。 1.大病院ですが私を担当して下さったそれぞれの先生の対応には満足しています。   態度・説明などは最初、大病院だからと私が懸念していたのとは異なるものでした。 2・受診前に病院のホームページで調べれば、それぞれの先生のお名前と実績、得意分野が分かりますので自分の疾患部位を専門とされる先生の日に受診できます。   (大きな病院ですから同じ科でも毎日、数人の先生が同時に診察なさっていますから。) 3.何と言っても各診療科における重大な疾病の症例数・治療数が多いので診断には信頼がおけると思います。   各先生の診察室はそれぞれ入り口は異なりますが、中ではつながっていて、診断に迷われた時は隣の先生のところに行って、相談なさいます。 私は次の予約日の都合が悪くなり(患者が多いため一度予約をキャンセルすると次はずっと先になってしまうのが普通。)あせって、診察時間終了後の午後をねらって病院の受付を通して直接先生に電話をしてしまいました。 非常にお忙しいはずなのにいやな態度もみせずお話できました。 (ただ今思うとちょっと非常識だったかなとも思いますが) 私のように紹介状を持ってここで診察を受けなくてはならなくなった方、最新設備のもと先端技術による診察を受ける良いチャンスと思って、いろいろな質問をしてきたらどうでしょうか。