ドクターズガイド

東邦大学医療センター大森病院

診療科目

内科 精神科 神経科 呼吸器科 消化器科 循環器科 小児科 外科 整形外科 形成外科 美容外科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児外科 皮膚科 泌尿器科 性病科 肛門科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 気管食道科 放射線科 アレルギー科 心療内科 リウマチ科 リハビリテーション科 麻酔科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科

診療時間・休診日

(午前) 月~土 8:30~11:00
(休診日) 第3土・日・祝・年末年始・6/10(大学創立記念日)

医師の紹介

永尾光一 医師 ・泌尿器形成手術、小児泌尿器奇形、性機能障害、男性不妊症
酒井 謙 医師 ・包括的腎不全医療(腎炎、二次性副甲状腺機能亢進症、腹膜透析、移植腎病理)
川合眞一 医師 ・膠原病・リウマチ
弘世貴久 医師 ・糖尿病・代謝・内分泌学

その他

◆住所
東京都 大田区 大森西6-11-1
◆電話番号
03-3762-4151
◆公式サイトURL (最新の情報はこちらでご確認ください)
http://www.omori.med.toho-u.ac.jp/
※内容が変更されている場合があります。受診の際は病院にご確認ください。
住所・電話番号等の基本情報は、株式会社QLifeから提供されたものです。
修正・変更・削除についてはこちらへお願いいたします。

Qlifeユーザーからのクチコミ

『症状、効果、感想には個人差があります』
クチコミ数:60
◆うつ病の発症時の頭痛(患者さんの声:2010年06月09日)
うつ病の発症時に、頭痛を伴う苦しみがあり、近所の病院の紹介でこちらを受診しました。 うつ病の治療中心ですが、片頭痛にはマクサルトという薬を処方されています。 今の担当医師を信頼しており、マクサルトも効き目があり、助かっています。
◆泌尿器科で差異を実感、どの診療科も一頭地を抜き高い技術力がある(やっさん:2010年05月07日)
血尿が突発的に発生、尿閉で膀胱内に血液の固まりがつまり、尿が出ない症状が数回起こりました。 東邦医大では、入院なしで膀胱鏡で内視し、処置して完治しました。 家族も同様に、東邦医大ファン?です。 待ち時間は、短いとは言えません。 でも、どの科目での診療でも、判断の確かさ、処置の確かさは一頭地を抜いていることが、様々な経験(私及び家族)で判ってきました。
◆子宮筋腫の腹腔鏡手術で(げん:2010年01月11日)
定期検診を一年に一度やってはいましたが、急激に大きく成長してしまい、腹腔鏡による手術を希望したこともあって、ここで診て頂きました。 先生は非常に穏やかな方で、丁寧な診察と共に「こんなに大きくなっていて、ずいぶん辛かったでしょう」という言葉を頂き、この先生(教授)にお願いしようと決めました。 予約が一年後まで取れないとのことでしたが、(他の病院を探しても全然いいんだよとも言われました)筋腫が非常に大きかったので、すぐには腹腔鏡手術ができないこともあり、定期検診で通っていた婦人科でホルモン注射による治療を開始、経過観察を東邦で数回診て頂いた後に術日を迎えました。 ※治療方針を決める際に、ホルモン注射治療の説明もされ、その辛さやリスクを詳しくして頂きました。 せっかく注射を打っても、筋腫が小さくならなければ時期を早めて開腹手術になりますので、そういった可能性についてもいろいろとお話してくださり、最終的には私の方で、きちんと治療選択判断ができるようにしてくださいました。 結論から言うと、この病院を選んで正解でした。 腹腔鏡手術の腕は確かです。 当然、体力回復も早いですし、傷口もびっくりするほど小さく消えて見えにくくなりました。 それにこの病院、手術を迎えるまでの安心感が非常にあります。 これは術前の診察もそうですし、入院前のきめ細かい対応(説明会)もそうですし、入院後にお世話をしてくださる看護師さんたちの対応から来るものだったと思います。 入院は7日でしたが、入院後はこれまで診察して頂いた教授と、異なる先生が主治医となりました。 これは私に限らず、恐らく皆さんがそうだと思います。 教授回診も術後に一回だけで、これにはちょっと寂しく感じる方がいるかもしれません。 退院後も引き続き診察して頂くことになるので、教授にお会いする機会はありませんでした(手術予定が一年後まで取れないということは、それだけ教授はお忙しいはずですね)。 もちろん入院前に必ず主治医となる先生を紹介して頂きますし、ご紹介頂いた教授の助手の先生は(手術は共に執刀)コミュニケーション不足が最初は少し不安でしたが、腕は確かで、質問にもなんでも答えてくださり、とても良い先生でした。 感謝しています。
◆黄斑円孔の手術(TEX:2009年12月13日)
目の焦点がぼけるので、かかりつけの眼科から紹介をうけて大森病院を訪ねました。 黄斑部網膜に穴があいていることが分かり病況の説明を受けました。 手術をするなら早いほうがよかろうと判断し、約1カ月待ちで手術を受けました。 手術は局部麻酔でしたので、手術器具が目に迫るところが見えたり、手術状況がわかるので大変緊張しましたが、幸いに勝手に予想していた様な痛みはほとんど感じずに順調に手術していただきました。(白内障の手術も同時に実施) 手術後も特に痛みを感じることはなく回復し、予定より早く退院できました。 手術後は手術日を含め5日間は下を向いた状態で過ごしました。 その間、先生・看護師さんからはよく世話をしていただきました。 診察・目薬の点眼・食事などうまく予定が組まれているように感じました。 外来も待ち時間が長い時がたまにありますが、通常は予約時間通りで診察していただけますし、支払いも短時間で終わるなどうまくシステム化ができている病院だと思います。
◆建物が新しくなりました!(あおママ:2009年10月14日)
子供がひきつけで救急にかかったのですが、テキパキと対応していただいて説明もわかりやすく、吐いて服を汚してしまったのを見て子供服を貸してくれました。 また、友達がこちらで看護士をしていたのですが、皆さん若くても付属の学校から入ってちゃんと教育されているように感じました。 他にもお世話になった事がありますが麻酔科の先生が良くしてくださって信用できると思いました。