ドクターズガイド

東邦大学医療センター大橋病院

診療科目

内科 精神科 神経内科 循環器科 小児科 外科 整形外科 形成外科 美容外科 脳神経外科 心臓血管外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 リハビリテーション科 麻酔科

診療時間・休診日

(午前) 月~土 8:30~11:00
(休診日) 第3土・日・祝

医師の紹介

高宮清之 医師 ・眼瞼痙攣・顔面痙攣等へのボツリヌス毒素治療、傾性斜頸
青山幸生 医師 ・麻酔科学、東洋医学、ペインクリニック、心身医学
池上博泰 医師 ・肩・肘・手外科、関節リウマチ、スポーツ整形外科 、上肢の骨折、上肢の外科(肩関節外科、肘関節外科、手外科など)
向井秀樹 医師 ・アトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚疾患、尋常性乾癬

その他

◆住所
東京都 目黒区 大橋2-17-6
◆電話番号
03-3468-1251
◆公式サイトURL (最新の情報はこちらでご確認ください)
http://www.ohashi.med.toho-u.ac.jp/
※内容が変更されている場合があります。受診の際は病院にご確認ください。
住所・電話番号等の基本情報は、株式会社QLifeから提供されたものです。
修正・変更・削除についてはこちらへお願いいたします。

Qlifeユーザーからのクチコミ

『症状、効果、感想には個人差があります』
クチコミ数:37
◆心臓病棟で快適に過ごせました。(MIKE:2012年08月31日)
心臓血管外科による手術の前後に入院する病棟は、担当医師、看護師は皆すばらしく、2週間余りの入院中は、快適に過ごせました。 私は6人部屋でしたが、看護師さん(男性、女性)とも皆さん、技量、人柄もよく、夜中でも必要な時はきちんと対応してもらえました。 同室の他の患者さん達も、皆さん満足していたようです。
◆震災前に手術を受けました。(三つ星:2012年04月17日)
東北大震災前に、自己心膜形成術を尾崎先生によって受けました。 執刀医の尾崎先生は、その前に仙台で手術をされたそうです。 奇跡ですね・・震災の日は、集中治療室で管がのどに通っていた状態でした。 びっくりしました。 尾崎先生チームの先生や看護師さんは、とても熱心で親切で、とてもいい病院でした。 手術前の検査で、甲状腺の癌が奇跡的に発見されました。 もし、人工弁の手術であれば、その後の手術も対応が難しかったのではないかと思います。 自己心膜での手術のお陰で、その後の甲状腺の癌の手術も対応できました。 退院後はすぐに職場に復帰し、活躍できています。 間もなく4月で1年が経過し66歳になりますが、経過は順調です。 尾崎先生が開発された手術法が、もっと早く全国に広まるといいと思っています。 日本で開発された、先進医療を受けられてよかったです。
◆大動脈弁狭窄症に対する自己心膜による弁形成術(MIKE:2011年07月02日)
心臓血管外科で、大動脈弁狭窄症治療の為に、弁形成手術を受けました。 心臓弁膜症の手術は、殆ど全ての病院が、人口弁に取り替える弁置換手術を行っています。 この場合、人口弁という本来自分の身体には無かった異物が、体内(心臓)に入る為、拒絶反応、特に血のかたまりである血栓が出来てしまい、それが脳梗塞、心筋梗塞を引起こす要因となります。 それを防ぐ為に、ワーファリンという薬を、一生(長期に)に飲み続けなければならないという問題があります。 しかし、この病院では、人口弁は使わず、自分の心臓の外側の心臓膜を切り取り、新しい弁を作り、それを石灰質(カルシウム)の付着により、重く・硬くなり、弁が充分開かなくなった古い自分の弁から、レーザ等で、石灰分等を取除いた後の弁の土台に、先に作っておいた新しい弁を、装着する弁形成術を実施しています。 私自身、手術前にはあった、駅の階段や、坂道を上る際の息切れが無くなり、日常生活には問題の無い状態を過ごしています。
◆看護師さん、お医者さんの心温まる対応に感謝(運動好きな主婦:2009年11月25日)
今年(2009年)腸閉塞で入院しました。 すぐにベッドを準備して頂けました。(診察、検査から入院まで2時間かかりませんでした) 担当のお医者様だけでなく、担当して頂いた看護師さんも本当に対応が良く、また交代の度にベッドまで来て挨拶をするので、誰が担当しているのか迷わずに済むので本当に良い印象を持ちました。 治療方針もしっかりしており、毎回説明して頂けるので何をされているのかという不安を持たずに済んだのも良い点です。  入院の際には色々と検査を行い、自分で自覚していなかった部分まで見つけて頂いて治療を受けさせて頂きました。 こんな病院が増えれば入院も良いなと思いました。(それでも我が家が一番ですが) 交通面ではバスの便も良く、主要駅からもそれほど離れておらず、大きな病院の為か常にタクシーが待っているので帰りが遅くなったり、急に自宅まで何かを取りに行く等の所用ができても困りませんでした。  蒲田駅もそれほど離れておらず、家族に依頼する買い物にも困りませんでした。 次は他の病気で手術することになりそうですので、その際にはまたこの病院にお世話になろうと思っております。
◆子供の見方!(netlife:2009年09月11日)
何度か子供のことで深夜に診てもらいました。 深夜にもかかわらず、毎回女医さんでしたが、とても的確に処置していただきました。 子供も、男性よりも女医さんの方が安心感が生まれるようです。 子供は突然熱を出したりします。そういうときに頼れる小児科が地域にあると安心ですね。