ドクターズガイド

茨城県立中央病院 茨城県地域がんセンター

診療科目

内科 精神科 神経内科 呼吸器科 消化器科 循環器科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 呼吸器外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 リウマチ科 リハビリテーション科 麻酔科

診療時間・休診日

(午前) 月~金 8:30~11:30(受付時間・科目毎曜日あり)
(休診日) 土・日・祝

医師の紹介

吉川裕之 医師 ・婦人科がん

その他

◆住所
茨城県 笠間市 鯉淵6528
◆電話番号
0296-77-1121
◆公式サイトURL (最新の情報はこちらでご確認ください)
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/hoken/cyubyo/
※内容が変更されている場合があります。受診の際は病院にご確認ください。
住所・電話番号等の基本情報は、株式会社QLifeから提供されたものです。
修正・変更・削除についてはこちらへお願いいたします。

Qlifeユーザーからのクチコミ

『症状、効果、感想には個人差があります』
クチコミ数:6
◆茨城県内ではがん治療など非常に良いと思います。(bukazuya:2009年04月02日)
2007年の10月より肺がん治療しています。 最初からステージ4で、遠隔転移有でした。現在も通院はしていますが、治療も順調にいっています。 放射線治療と抗がん剤治療をしています。 がんマーカーは、最初1000超えていました。救急車は基本的に拒否しないそうです。 救急車にて入院した場合以外は、基本的に紹介状が必要です。相談窓口があり、診療以外のことも相談できます。 入院期間中も、許可を得れば車の駐車が可能です。許可を取るのは簡単です。
◆受け入れ態勢万全の総合診療科!(馬耳東風:2008年01月11日)
県立中央病院の総合診療科がすばらしいです。 精神科がらみであったり、行き倒れに近い人など、問題が多くてどこの病院や科でも引き受けたがらない患者を、可能な限り見てくれようとする総合診療科長の懐の広さに脱帽です。 トップのU先生は、今流行りのガイドラインやマニュアルだけに頼ることなく、自分の経験からくる診断や治療方針の決定が出来る数少ない先生だと思います。 自分が難病でどこの病院も引き受けてくれなくても、あそこがあると思うと安心できます。
◆腕のいい先生に大感激(匿名:2007年05月26日)
大病を患った私の母。 でも、「必ず治るよ」と言ってくださった先生の言葉通り、すっかり元気になりました。 経験とデータに基づく理論的な説明にすっかり感心。 設備も整っているし、私も何かあったときはこちらのお世話になりたいと思いました。
◆茨城県立中央病院の看護師長さんに感謝(北潟姫:2007年03月04日)
義姉が脳梗塞で入院したときの3階病棟の士長さんは、いつもテキパキ、笑顔絶やさずの方でした。 退院するときもお忙しいのに、車椅子を押して車のところまで来て見送ってくださいました。出来ないことと思います。 病院から退院するとき、いつもなんとなく気まずい思いすることございませんか? 意外と、冷たい病院が多いですよね。 担当の看護士さんも見送ってくださると言ってくださいました。 病院の姿勢がうかがい知れるものと思います。 QLifeを借りて御礼申し上げます。
◆リハビリの美人言語聴覚士(ブリザ君:2007年03月04日)
茨城県立中央病院に脳梗塞と、 脳内出血でおばが入院しました。 命の境をさまよっていたのですが、 驚くほど早い時期から車椅子の生活を始めてくださいました。 そしてリハビリもすぐに始まりました。 私は無駄ではないのだろうかと思っていたのですが、 30分くらいかけて、言語聴覚士の方が、ゆっくりゆっくりと リハビリを始めてくれました。 驚いてしまいました。 嚥下もままならなかったのですが、なぜか、自分から食べ物を飲み込むようになりました。 出来るだけ昔のこと、現在のことを思い出すようにと思い出の物を持っていきました。 それをいつ作ってくださるのか、翌日にはノートに、患者が見やすいようにまとめて渡してくださいます。 髪の毛に寝癖がつくほどお忙しいのに、良くしてくださいました。 地方中核病院ですので、病状が安定期に入ると転院という問題がありますが、立派に役目を果たしてくれてます。 皆さんにもおすすめしています。 言語聴覚士の先生、お体に気をつけてください。