ドクターズガイド

[12/02] 脳腫瘍の学会  2018 1日目

脳腫瘍の学会に参加しています。東海道線の電車で降りた駅は、海が近い。無人駅でした。今日は曇り、にび色の海、水平線がみえます。漁船も浮かんでいました。ホテルのバスで人里離れた学会場に向かいます。登録受付の裏では、サンタさんが寝転んでおられました。さすがに12月、プレゼントの準備中にホテルに休憩に立ち寄られたのかもしれません。 数百人の人たちが同時に動くので、エレベーターは混みます。階段室を愛用いたしました。夕食は「ウエルカムパーティー」ということで、立食形式。私の大好きなカレーとマーボー どちらもご飯の横にありました。夢のコラボが実現いたしました (^^)v 。昼間のセッションで外国の招待演者の方に英語で質問したのですが、パーティーのときに、病理のK先生に「ここ数年で英語が上手になりましたね」とお褒めをいただきました。なんか嬉しい (^^) 。パーティーを中座して、学会の理事会に出席しました。 理事会が終わってポスター会場に行くと、発表する人、発表のあとも止まってディスカッションする人。ポスターとは関係ないが、患者さんの診療や研究について打ち合わせをする人などいろいろな方がいました。埼玉医大にいたM先生と先日、京都の学会でお目にかかった小児科医(小児腫瘍医)のK先生も研究の打ち合わせをしておられます。K先生は、先日の観光大使の名刺も覚えていていただいて、「信濃大町行きます」とおっしゃっていただきました (^^)vご自分のポスターの前で「写真を撮ってください」とおっしゃるので撮影。ブログ掲載も御許可をいただきました。(M先生には御許可をいただきわすれたのでぼかしております。)ポ...
(ブログ記事で続きを確認 →)

ブログ記事: 
働く女性医師の夫・Howdy


関連情報: 
新生児医療ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

専門医師による病気の解説: 
ハイリスク妊娠・出産(周産期疾患)

病院情報(PTSD): 
病院一覧 病院のクチコミ